相互リンクRSS

CFW 6.60ME (正式版)

20100814211939.png
neur0n氏から OFW 6.60をコアにした CFW 6.60ME が、リリースされています。

<更新点>
-- sctrlHENPatchSyscallのバグ修正

必要な物

・  CFWもしくは、HEN導入済み PSP-1000もしくは PSP-2000(非対策基板)

From 5.00M33 -> OK
From 5.50GEN -> OK(version.txtを編集する必要があるかも)
From 5.50Prometheus -> OK(version.txtを編集する必要があるかも)
From 6.20TN-D -> OK
From 6.37ME -> Error
From 6.38ME -> OK
From 6.39ME -> OK
From 6.20PRO-B4 -> Error
From 6.35PRO-B4 -> Error
From 6.20PRO-B5 -> OK
From 6.35PRO-B5 -> OK
From 6.39PRO-B6 -> OK

・  CFW 6.60ME

   公式ページ
   twitter 
    
・  公式FW 6.60 

・  パンドラバッテリー (直接は使いませんが、不具合発生時の復旧に必須)

以下の作業は・・・

PSP-3000及び2000対策基板 PSP Goでは、

絶対に実行しない事!! 故障します!!!




導入手順


念のため
・ 78%以上充電したバッテリーとACアダプターを両用し、万全をきしましょう。
・ プラグイン(Game.txt)やテーマ/壁紙は、無効にしておきましょう。
・ 事前に、NANDバックアップを取りましょう。(今まで取っていない人)


NANDバックアップは、フルブリックも想定して、
Despertar del Cementerio v8(要パンドラバッテリー)で取る事をおススメします。


NANDバックアップの取り方や、書き戻し方はコチラを参考にして下さい。

① 上記Linkから release_660me.zip をダウンロードし、解凍します。

660mebeta.jpeg
② 中にある release_660meフォルダから UPDATEフォルダを取り出し、
  メモステのGAMEフォルダに入れます。

  次にFW 6.60のEBOOT.PBP を 660.PBP にリネーム後、先程メモステに入れた 
  UPDATEフォルダに入れます。 * 6.60ME系の場合はアップデータは不要です。

20100814211707.png
③ HENやCFW等を起動した状態で、XMBから「PSP アップデート ver6.60」を起動します。

あまり 高すぎる version.txtを設置していると、アップデータが機能しないので注意して下さい。

20110813230838.png
*6.60ME系からのインストールの場合は、画面が異なります。ただし 操作は同じです。
④ 6.60ME beta以外の場合、660.PBP等の読み込みチェック後
  「Press × to start the update, R to exit」 と表示されるので、
  ×ボタンを押し 内部 FlashにモジュールとIPLの書き込みを開始します。


20110813233059.png
beta版からのインストールの場合は、
「Press × to start the update, R to exit」 のメッセージが表示されるので、
  ×ボタンを押し 内部 FlashにモジュールとIPLの書き込みを開始します。

公式アップデート画面は表示されず作業はこれで終わりです。つまり 手順⑤はありません。

      * 因みにRトリガーで何もせず、XMBに戻るのは同じ。


20110813230917.png
⑤ 公式アップデート画面になりますので、指示に従いアップデートして下さい。 


20100814211939.png
自動で再起動後
[設定]→[本体設定]から→[本体情報]を確認して[システムソフトウェア]が、
『6.60 ME』になっていれば成功です。



【OFW ランチャー機能】

PSP起動時にHOMEボタンを押しながら電源をONにすると、OFW 6.60で起動します。


【LEDA機能】

1.50 kernel 用の自作アプリの動作を可能にする機能。詳細はコチラ


【ISO/CSO起動】
snap019 635cusutomiso
<本体 NP9660_Driver>
(ISOファイルの)EBOOT.BIN の復号化が必須になります。
EBOOT.BIN の復号化は、ISO toolで簡単に行えます。

<OPNSSMPの強制読み込みオプション>
おそらく[UMD ISO MODE]が「Prometheus ISO Loder」以外で、復号化無しのISO起動が可能になります。

snap015 635proa1
1.【RecoveryMenu】の[Advanced]→[Excute OPNSSMP.bim in flash2:/]項目を「Enable」
   に変更します。

2.起動したいISOゲームの要求FW 以上(?)の UMDをセットします。
 * 公式の説明だと、同タイトルになっていますが、特に一緒じゃなくても起動しました。
  何か要求FW 以下でも動いてる・・・う~ん??
  兎に角UMDのセットは必須!!

3.あとは、XMB([ゲーム]→[メモリースティック])に、ISOアイコンが表示されるので、
  選択して起動するだけです。


【リカバリーモード】
20100814212944.png
PSP起動時にRトリガーを押しながら電源をONにすると、リカバリーモードで起動します。

Toggle USB

PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、メモステにアクセス出来ます。
メモステのファイル配置が原因で、XMBの起動が上手くいかない場合等に重宝します。

なお 後述の[Advanced]の項目で、Flash 0~3へのアクセスも可能です。


Configuration

×ボタンで選択すると、以下のメニューを表示

[Back]
TOPメニューに戻ります。 * 以降の[Back]も同じ役割なので割愛しています。 

[Skip Sony logo]
有効化すると、PSP起動時のSONYのロゴが流れなくなります。

[Skip Gameboot]
有効化すると、ゲーム起動時の(PSPロゴの入った)動画が流れなくなります。

[Hide corrupt icons]
有効化すると、XMB上で破損ファイル表示される アイコンを、非表示にします。

[GAME folder homebrew]
メモステのGAMEフォルダ内のアプリを、どのカーネルで起動するかを選べる項目。

[Autorun program at/PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP]
1. ms0:/PSP/GAME/フォルダに「BOOT」という名前でフォルダを作成し、自作アプリ(EBOOT.PBP等)
   の中身を入れ配置。
2. [Autorun program at/PSP/GAME/BOOT/EBOOT.PBP]を有効化。

PSP起動時に自動で、「BOOT」フォルダに入っているアプリが起動する。
   
[UMD MODE]
以下のドライバの設定が可能です。

Normal・・・通常ドライバでISO/アプリを起動します。
        ISO起動時にダミーの為にUMDを入れておく必要性アリ

OE isofs・・・ OE系のCFWに搭載されていたドライバで、ISO/アプリを起動します。
    
M33 driver・・・M33系のCFWに搭載されていたドライバで、ISO/アプリを起動します。

Sony NP9660・・・本体付属のドライバで、ISO/アプリを起動します。

ME driver・・・MEオリジナルのドライバ(?)で、ISO/アプリを起動します。


[Hide Mac Address]
有効化すると、Macアドレスを偽装してくれます。 機密保持に役立つかも?

[Fake region]
世界各国のリージョンを、使用(偽装)可能。

[Use VshMenu]
有効化すると、XMB上で VSHメニューの使用が可能になります。

[XMB Usb Device]
XMB での USB接続のアクセス元を変更できます。
Memory Stick・・・メモステ

Flash 0~3・・・flash 0~3

UMD Disc・・・UMD


[Use slim color in XMB] (PSP-1000限定)
PSP-1000にて、PSP-3000の背景色を使用可能にします。

[Charge battery when USB Cable pluggend] (PSP-2000限定)
有効化すると、USB接続時に充電が可能になります。

[Use network update]
有効化すると、無線LANによるアップデートが可能になります。

[Hide PIC0.PNG and PIC1.PNG in game menu]
有効化すると、ゲーム/アプリアイコン選択時に表示される背景を非表示にできます。
主に読み込み速度を上昇させるのが目的

[Use version.txt]
有効化すると Flash0 にある Version.txtを読み込み、システム バージョン情報の偽装します。
* バージョン情報 は変わりません。

[Speed up MS access]
5.00M33-6に搭載されていた、メモステ読み込み速度向上機能。* 本Verでは、beta版仕様
NEVER ・・・ 未使用
ALWAYS ・・・ VSH/GAME/POPS の全モードで使用
VSH ・・・ XMBでのみ使用
VSH & GAME ・・・ XMB及びゲーム中で使用
VSH & POPS ・・・ XMB及びPS1エミュで使用
GAME ・・・ゲーム中のみ使用
GAME & POPS ・・・ゲーム中及びPS1エミュで使用 
POPS ・・・ PS1エミュでのみ使用 

M33-6バージョンの話ですが、有効化していると一部のゲームでセーブデータを読み込まない
現象がありました。


Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP

リカバリーモードから直接 /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP のアプリを起動します。
大抵は セミブリック時の復旧 等を目的としたRecovery Flasherの起動になるかと思います。


Advanced

×ボタンで選択すると、以下のメニューを表示

[Advanced Config]
×ボタンで選択すると、以下のメニューを表示
[Excute OPNSSMP.bim]
flash2 から OPNSSMPの読み込みを実行(通常 Enabledで問題ないようです)

[Execute PBOOT.PBP with ISO]
ISOファイル用に、PBOOT.PBP(アップデータ)の取得及び実行する機能
* 詳しい手順はコチラ

[XMB Plugins]
有効化すると、XMBでのプラグインの使用が可能になります。

[GAME Plugins]
有効化すると、ゲーム/アプリでのプラグインの使用が可能になり ます。

[POPS Plugins]
有効化すると、PS1 エミュ でのプラグインの使用が可能になります。

[Battery Config]
×ボタンで選択すると、以下のメニューを表示
[Battery Serial]
現在のバッテリーの状態確認?
0x00000000 ・・・・ Autoboot Battery (装填後、自動でノーマル起動)* カスタムなPSPblog 様より
0xFFFFFFFF ・・・・ Jigkick Battery
上記以外  ・・・・ノーマルバッテリー

[Make Jigkick Battery]
ノーマルバッテリーを、Jigkick Battery(パンドラ)に変更します。
* 基板やバッテリーによっては、作成出来ない場合があります。

[Make AutoBoot Battery]
ノーマルバッテリーを、 AutoBoot Battery(装填後、自動で起動)に変更します。
* 基板やバッテリーによっては、作成出来ない場合があります。

[Make Normal Battery]
Jigkick Batteryを、ノーマルバッテリーに戻します。
* 市販の Jigkick Batteryはノーマル化できない模様です。

[Toggle USB (Flash 0)]
PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、Flash 0にアクセス出来ます。
再度選択すると接続は解除されます。 以下同様。

[Toggle USB (Flash 1)]
PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、Flash 1にアクセス出来ます。

[Toggle USB (Flash 2)]
PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、Flash 2にアクセス出来ます。

[Toggle USB (Flash 3)]
PSPとPCをUSB接続した状態で選択すると、Flash 3にアクセス出来ます。

[Format flash1 and reset settings]
Flash1の初期化 と 再設定

[Format flash2]
Flash2の初期化


CPU Speed

×ボタンで選択すると、以下のメニューを表示

[Speed in VSH]
XMBでのCPUクロック速度を、設定できます。

[Speed in GAME]
GAMEでのCPUクロック速度を、設定できます。


Plugins

各プラグインのパスを管理します。(「Enable」/無効「Disable」の切り替え)


Registry hacks

×ボタンで選択すると、以下のメニューを表示

[Button assign]
○ボタンと×ボタンの 役割設定。
「○ is enter」だと ○ボタンが決定 ×ボタンが中止
「× is enter」だと ×ボタンが決定 ○ボタンが中止

[Activate WMA]
有効化すると、オンライン認証無しで、WMAの使用が可能になる

[Activate Flash Player]
有効化すると、オンライン認証無しで、WMAの使用が可能になる


Exit

PSPを起動します。


各機能の後にある(currently:xxxx)の「xxxx」の部分が「Enabled」なら有効、「Disabled」なら無効
を、それぞれ あらわしています。

有効/無効切り替えは×ボタン。 
選択肢が複数の場合は×ボタンで、随時送っていく形になります。
カーソル移動は十字キー↑↓

プラグイン機能ですが、従来の 5.xxプラグインでは 対応していないものあります。
ただ 毎回の更新で、使用可能なプラグインが随時増えている様です。
.txt及びプラグイン本体は、従来どおりsepluginsフォルダに入れるようです。


【6.60 VSH MENU】
20100814212054.png
XMB上で、SELECTを押すと表示されます。
* リカバリーモードの Configuration>[Use VshMenu]を有効化する必要性アリ。


[CPU CLOCK XMB]
XMB上のCPUクロックの変更(CPUクロック=CPUが動作する速さ) 

[CPU CLOCK GAME]  
ゲーム 上のCPUクロックの変更 

[USB DEVICE]
XMB での USB接続のアクセス元を変更できます。

Memory Stick・・・メモステ

Flash 0~3・・・flash 0~3

UMD Disc・・・UMD


[UMD ISO MODE]
以下のドライバの設定が可能です。
Normal・・・通常ドライバでISO/アプリを起動します。
        ISO起動時にダミーの為にUMDを入れておく必要性アリ

OE isofs・・・ OE系のCFWに搭載されていたドライバで、ISO/アプリを起動します。
    
M33 driver・・・M33系のCFWに搭載されていたドライバで、ISO/アプリを起動します。

Sony NP9660・・・本体付属のドライバで、ISO/アプリを起動します。

ME driver・・・MEオリジナルのドライバ(?)で、ISO/アプリを起動します。

[ISO VIDEO MOUNT]
この項目で 
ms0:/ISO/VIDEO フォルダ内の UMDVIDEOのISOファイルを選択(十字キー←→)*1し、
[EXIT]でメニューOFF。
暫く読み込んだあと、[ビデオ]項目下に UMD(UMDVIDEO)が表示されるので、ソレを選択すると
UMDVIDEO が再生されます。
*1 ms0:/ISO/VIDEO フォルダにISOファイルがない場合は、NONEから変更不可

[XMB Plugins]
有効化すると、XMBでのプラグインの使用が可能になります。

[GAME Plugins]
有効化すると、ゲーム/アプリでのプラグインの使用が可能になり ます。

[POPS Plugins]
有効化すると、PS1 エミュ でのプラグインの使用が可能になります。

[PLUGINS MANAGER]
20110525233518.png
選択すると、
各プラグインの有効「Enable」/無効「Disable」の切り替えが可能なMANAGERモードを表示。
切り替えは×ボタン。 ページ送りはL/Rトリガー
txt毎には分かれていないが、プラグイン名あとの[VSH]等で判別可能。

[ENTER RECOVERY]
XMBから直接リカバリーモードへ移行

[SHUTDOWN DEVICE]
PSPの電源をOFF にする 

[RESET DEVICE]
PSPの再起動 (通常の再起動)

[RESET VSH]
PSPの再起動 (ライト再起動?コチラでは、R押ししながらのリカバリーモード入り不可)

[Exit]
VSH メニューを終了します



PCT2163 xeno
PS1ゲームも 6.35PRO-B同様、PSX2PSP(参考記事)で変換した物で起動可能です。


関連記事

FC2Blog Ranking にほんブログ村 ゲームブログ 携帯用ゲーム機へ

この記事へのコメント

- 不評のB型 - 2011年08月14日 21:59:32

A型さん、お疲れ様です。
今回も正式版リリース早かったですね。
いつも詳しく書いて頂いて参考になります。

そして気になる せんと君・・・(笑

- PSPy - 2011年08月14日 22:57:39

お疲れ様です。
正式版の記事ありがとうございます。

6.39pro-B8からのverUPですが、
私のPSPがダメなのかもしれませんが
再起動時ブラックアウトで再度起動も不可でした。
これはerrorかもしれません><;

Re: タイトルなし - A型 - 2011年08月14日 23:46:59

PSPy さんへ

何となくですが、6.39pro-B8の時、XMBで使っていたプラグインをそのままにしてませんか?
使えないものもあるので、全部OFFにして下さい。

あと pro-B8使用との事ですが・・・ まさか基板間違ってませんよね?^^;
このCFWは1000と2000(非対策基板)のみ対象です。
間違ってたら、どうしようもないです。おそらく復旧不可です。

それと CFW化したまま(CIPL Flasher)、アップデートするとどうなるかも不明です。

- ppp - 2011年08月14日 23:59:13

A型 さんいつもお早い投稿及び、詳しい説明ありがとうございます。

CFW6.60にする利点はございますでしょうか?

次に、CTFtool GUIの6.60対応はいつ頃リリースされるとお考えでしょうか?

最後に、今後CFW5.50ではなく別の物に乗り換えるべきでしょうか?

度重なる質問をお許し下さい。

Re: タイトルなし - A型 - 2011年08月15日 00:31:20

不評のB型 さんへ

乙です。多分ですが明日というか今日か・・・また 出そうな予感がします。

せんと くん、出た当時あんなに不評だったのに、今や公式マスコットになってますねw

因みに
マントクン → リストラ?

なむーくん → 転職(別団体のマスコットにw)

Re: タイトルなし - A型 - 2011年08月15日 00:41:12

ppp さんへ
> CFW6.60にする利点はございますでしょうか?
流行りモノ好きwならどうぞ。 現行では6.39ME他の方が使いやすいかと存じます。

> 次に、CTFtool GUIの6.60対応はいつ頃リリースされるとお考えでしょうか?
patpat氏(作者)次第。
一時期雲隠れしてましたが、最近活動再開し始めたので ひょっとすると速いかも・・・
PROで対応したら、加速しそうな予感。
(当たり前ですが、あくまで推測です。ご本人で無ければこんなの解りません^^;)

> 最後に、今後CFW5.50ではなく別の物に乗り換えるべきでしょうか?
これは ppp さんが 5.50で、現状不満があれば乗り換えるべきですし、
そうでなければ、別にそのままでも良いのでは? まあ 新しいゲームをする機会が多いのなら
6.xxの方が楽かも知れませんね。

- 不評のB型 - 2011年08月15日 20:50:46

A型さん、お疲れ様です。

マントクン、なーむくん、知りませんでしたw (関西在住なのに

ネットで見てみましたが、まぁ、なるべくしてリストラ等になった感じですなw

- 名無しさん - 2012年12月22日 02:01:28

5.50Prometheus-4 を使っているのですがアップデートできません。どうすればいいでしょうか?

Re: タイトルなし - A型 - 2012年12月22日 09:03:17

> 5.50Prometheus-4 を使っているのですがアップデートできません。どうすればいいでしょうか?

version.txtを差し替えもしくはバージョンを6.60以下にして下さい。
言ってる意味が理解できないなら↓を使うと良いと思いますよ。
http://yahoolkuso.blog100.fc2.com/blog-entry-2306.html

トラックバック

URL :

プロフィール

A型

Author:A型
PS VitaやCFW導入済みPSPで色々チャレンジ
した事等を、書き綴っています。

最近多忙(?)につき、まったり更新

新潟県新潟市中央区東堀通りwwwww

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
Twitter
ツリーカテゴリ
CFW etc
(L)CFW

【CFW 5.00 M33】
  ├ CFW 5.00 M33-6
  └ CFW 5.00 Prometheus-2


【CFW 6.xx ME】
  ├ 6.39ME-9.7
  ├ 6.60ME-1.8
  └ 6.60ME-2.2

【LCFW 6.xx ME】
  ├ LCFW 6.60LME-1.8
  └ LCFW 6.60LME-2.2

【6.xx HEN 】
  ├ 6.20 TN-D 
  ├ 6.20 TN-D TiltFX fix 
  ├ 6.20 TN-E fix 
  ├ 6.31/6.35 PRO/6.36PRO
  ├ 6.39TN-A(f) 
  ├ 6.20 TN-A  
  └ 6.39 TN-A Xtended 1.00

【LCFW 6.xx PRO】
  ├ 6.20/6.35PRO-B8
  ├ 6.39PRO-B8
  ├ 6.xxPRO-B9
  ├ 6.xxPRO-B10 fix1
  ├ 6.xxPRO-C fix3
  ├ 6.39PRO-C fix4
  └ 6.xx PRO-C2


【CEF 6.60TN(jp)】(Vita)
  ├ 6.60 TN-V10
  └ 3.18 TN-V10

【ダウングレーダー】
  ├ 6.36PRO&6.20 TN-B
  ├ 6.35/6.31Downgrader
  ├ 6.39/6.38 Downgrader
  └ 6.60/6.39/6.38

プラグイン

【Popsloader】
  ├ for 5.00 M33-2 
  ├ for 5.50GEN
  ├ New popsloader v3
  └ New popsloader v4f

【CXMB】
  ├ for 371-660 u2
  └ for 371-660 CE-1.5

【PSPStates(何処でもセーブ)】
  ├ for PSP-3000 
  ├ for 5.50GEN
  ├ for 5XX-63X
  └ for 6.60
  └ add menu

【スクリーンショット】
  ├ Capture Module v0.5
  ├ ScreenShotPNG_Speedy
  ├ PCT.prx v2
  ├ capture plugin
  ├ PRXshot v0.4.0
  ├ sssss v0.2
  └ sssss v0.2 for 6.xx

【セーブデータの破損を復旧】
  ├ MagicSave Ver 3.63
  └ MagicSave Ver 3.62a

【プラグイン管理】
  ├ plugins config editor
  └ pprefs & lite
最新コメント
相互Links
ブログランキング2
逆アクセスランキング